読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女性が過労でうつ病になってから復職するまでの記録

30歳の時に過労からうつ病を発症した女が、休職・治療・復職の体験の記録を残します。うつ病で苦しんでいる働く女性の助けになれば幸いです。

自分の場合のうつ病回復のきっかけは、まさかの…ニャー!!

f:id:adhd_misoji:20151024173440p:plain

うつ病になって、何も面白いと感じなくなってしばらくした頃、自分は一体何をきっかけにして、元に戻るんだろうな〜と、ぼんやり考えていました。

 

そのきっかけが、まさかの、、、、
猫の動画でした。

f:id:adhd_misoji:20151018175418j:plain

 

実家に戻って、気の遣いすぎで体調を悪化させて、またベッドで寝込む日々になっていました。動かないので、当然夜もなかなか寝付けなくて、辛い日々。その上、薬の影響もあり夜も中途覚醒と早朝覚醒。気分は落ち込む一方。そんな時に、何かを検索してて偶然たどり着いた、この動画で、まさかの、自分に、笑いが戻ってきました。

 

 

タイトルが、チャラい感じであれなんですが、本当に、気が付いたら、声を出して笑ってました。

「超笑えるwww おもしろ猫動画 総集編 Funny Cats Compilation」


超笑えるwww おもしろ猫動画 総集編 Funny Cats Compilation - YouTube

 

これまで、どんなにお笑い番組やコメディ映画を見ても、全く反応できなかったのに。だから自分にはもう、笑いのスイッチがなくなっちゃったんじゃないかと思っていたのに、まさかの猫がスイッチを持っていました。

 

ただ単純に面白いから、でもいいとは思うんですが、猫たちの面白さって、狙ってやっているわけではなくて、一生懸命生きている中での、(猫には悪いけど)思わず笑ってしまう失敗だから、自然と笑えたのかな、と思います。

 

この日を境に、いろんな猫動画や画像を見まくって、一気に体調が良くなっていきました。もちろん、薬がだんだん効いてきたことや、十分な休養ができてきたことなど、他にもいろいろな要素があってのことだとは思いますが、自分の中では、猫の存在も大きかったです。私はこれ以来すっかり猫にハマっております。猫を検索しすぎて、Amazonに猫缶を勧められるくらいにはなりました。※飼っていません。
人間、いつ何が転機になるか分からないもんだ…。

 

【Amazon.co.jp限定】鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

【Amazon.co.jp限定】鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!