読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女性が過労でうつ病になってから復職するまでの記録

30歳の時に過労からうつ病を発症した女が、休職・治療・復職の体験の記録を残します。うつ病で苦しんでいる働く女性の助けになれば幸いです。

最近は、心も身体も好調です。その理由は…◯◯と◯◯と「シン・ゴジラ」

f:id:adhd_misoji:20160828191110j:plain

復職からもうすぐ10ヶ月が経とうとしています。早いなぁ。あっという間に、休んでいた期間より、復職してからの期間の方が長くなりました。体感としては、休んでいる間はもっともっと長かった気がします。でも、復職してからもいろいろあったなぁ。てか、いろいろあり過ぎたでしょう…!

 

utsu-woman.hateblo.jp

utsu-woman.hateblo.jp

ここ一ヶ月は、本当に体調が安定しています。理由はいくつか考えられるのですが、まず一つ目に、上司に失望しきったので、これ以上にガックリすることがなくなったこと。今までは、期待してたのに、自分の予想と違う言葉が返ってきたので、その度にショックを受けて落ち込んでましたが、もう何も期待できないところまでいったので…。そして、周囲の人が、その状況をわかってくれていることも、救いになっています。理不尽な扱いを受けていて「それ、おかしいよね」「ひどいなぁ」という言葉をかけてくれるだけでもう、いいかな、と思ます。先日もこんなことがありました。

 

 

 

こういうことが日常茶飯事なので、もう、たいして動じなくなってます。(まあ、それはそれで問題ある気がしますが…)

 

好調の理由のもう一つが、良い仕事をいただけるようになったこと。元から自分が興味のあった分野、得意な分野のお仕事をさせてもらえる機会が増えてきました。全体的な仕事の負担は軽減してもらっているので、いただいた仕事がサクサクすすみ、自画自賛でアレですが、なかなか良いアウトプットとして出せています。そうすると、へんに圧力をかけてくる問題の上司以外の普通の人から、ごく普通に仕事のことで声をかけてもらえるようになりました。これまでは、やはり「どこまで前と同じと思っていいのか…」という遠慮というか迷いがあったみたいです。少しずつ「これ、お願いできる?」「手伝ってくれない?」と声をかけてもらえるようになり、仕事面のメンタルも一気に上昇し安定しました。「仕事が楽しい」という瞬間に久しぶりに出会えました。よかった。ちゃんと進めてる。

 

一時期はガクンと下がって不安になることもありましたが、長期的に見れば、アップダウンしながらも、ちゃんと上がっています。本当に療養中と同じですね。部分だけ見て「もうダメだ」と思わずに、淡々と乗り越えていけば、ちゃんと良くなるんだなぁと改めて思いました。

 

あ、あとは最近良い本に続けて出会っているのも好調の要因になっているかもしれません。今日TSUTAYAのブックカフェで読んでいたのは、こちらの本です。

f:id:adhd_misoji:20160828185910j:plain

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法

 

復帰してからは、あまりこういう自己啓発とか人生のヒントみたいなのを読んでなかったのですが、Amazonで評価が高かったので気になって。とてもシンプルでわかりやすかったです。他人を「評価」しないことで、自分のことも「評価」しなくなる。うつ病になった時、自分を追い詰めていたのは、自分自身(の思考)なんだなと再確認。今はこうやって、軽く読むくらいがちょうどいい感じです。療養中は、あるとあらゆる本を読んで、「身につけなければ」と思っていたので(笑)これも「〜すべき」思考です。

 

さあ、もう夏が終わります。このまま良いペースでのんびりと過ごせたらいいなと思います。あ、最後にこれだけは言わなくては…!!映画「シン・ゴジラ」最高ですので、気になっている方は劇場で是非!!!一番の見所は、私の会社の本社がゴジラによってめちゃくちゃに破壊されるシーンです…!!最高にスカッとします!!!