読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女性が過労でうつ病になってから復職するまでの記録

30歳の時に過労からうつ病を発症した女が、休職・治療・復職の体験の記録を残します。うつ病で苦しんでいる働く女性の助けになれば幸いです。

うつ病で療養中って、楽しいことしちゃいけないの?

f:id:adhd_misoji:20160122194137p:plain

うつ病が少し良くなってくると、藁にもすがる気持ちでいろいろ効果がありそうなことをやってみたくなりました。あとは、病気になる前に入れていたスケジュール。もちろん、寝込んで動けない期間のものは、全部キャンセルしましたが、回復傾向を見せてきた時に、少し先の予定にあったもの。それは、好きなバンドのライブです。

f:id:adhd_misoji:20160122193257j:plain

 

私は、以前からライブに行くのが大好きで、仕事が忙しい時も、ライブでストレス発散して元気になれるってほど頼りにしていました。それが、うつ病で休職に入る数ヶ月前は、チケットが手元にあるのに、(そんな場合じゃない仕事しなきゃ)と思って無駄にしたり、なんとか行ってはみたものの、全く楽しめなかったりしていました。あとで医者から言われましたが、これまで好きだったことが急に興味がなくなるって、うつ病のサインの一つらしいですよ。

 

で、目の前に迫ったライブが2つありました。その時点で、外を歩くことはだいぶできているけど、人と長時間話すのはしんどいという状態です。テレビは、バラエティなど、ガヤガヤするものは頭がクラクラするという状態。音楽は、静か目なものは聴くようになっていました。

 

 

 

行きたい気もする。けど、行って大丈夫なのか?大丈夫というのは、「自分の体がもつのか」「周囲から批判されるんじゃないか」の2つの意味で。心配性なので、こんな時は、検索、検索。『うつ病 ライブ』などで調べると何件か意見にたどり着きました。まず、批判的な方では、「部下はうつ病だと言って仕事は休むくせに、飲み会やライブなど趣味は楽しんでいる。新型うつ病とはなんなんだ!?」みたいな意見。ああ、やっぱり、うつ病中は楽しいことをしちゃいけないんだ…。でも、背中を押してくれる意見もありました。「行ってみたいと思えるなら意欲が戻り始めている証拠、実際に行ってみたらコンサートで元気をもらえました」みたいな意見。そう、なんとなくなんですけど、好きなバンドのライブに行けたら、大きく前進できる気がするんですよね。

 

悩んでいる2つのライブのうち、1つめは、スタンディングのライブハウス。よし、行ってみるか…!と思っていたんですが、当日になり急に怖くなってしまい、これはチケットを無駄にしてしまいました。行くまでの電車で体調が悪くなったらどうしよう、ライブの大音量でめまいがしたらどうしよう、2時間以上立っていることなんてできないかもしれない…。不安が押し寄せてきて、だったら、止めようと。それでも、開場時間、開演時間には、「行けていたら今頃は…」と、悲しくなりました。

 

そこから数週間後のもう一つのライブは、指定席のわりと大きなコンサートホールでのライブ。前日までどっちにするか決められずにいましたが、思い切って行ってみることにしました。だって好きな音楽を聴いたら元気が出るかもしれないし!この時に自分に約束したのは、絶対に無理はしないこと。行きの電車で体調が悪くなったら、そこで引き返せばいいし、ライブの途中でしんどくなったら、座って見てもいいんだし、途中で帰ったっていいんだし。

 

結果的に、最後まで楽しく過せました。むしろ、うつ病で休む前よりもちゃんと集中して観られた気がします。以前は、少しでも気をぬくと仕事のことが頭をよぎったりしていたので(笑)それに、自分が弱いモードに入っている時の「大丈夫」系のフレーズ、ボロ泣きします(笑)ああ、ちゃんと感情が戻ってるじゃん、って思いました。

 

うつ病中は、おとなしく静かに寝てないと行けないんじゃないか、そんな思いに縛られて、楽しむことを自分から遠ざけてしまっている人、他にもいるんじゃないかなと思います。体と心の声をちゃんと聴いて、「行ってみたい」と思えたら、たまにはお出かけして楽しんでもいいんじゃないでしょうか?周囲の人は、「ライブなら行けるんだ…」なんて言わないで欲しいです。その一言でダメージを受けて、「自分はサボっているだけなんじゃ」「楽しいことなんてもう一生できないんだ」なんて悲観的なモードに入っちゃいますから…。 他人に言わなくてもいいんなら言わないで行っちゃうのも手ですよ。

 

自分の好きなこと、したいことをする。これが意欲面でのうつ病回復のキーワードだと思います。元々、自分のやりたいことを押さえ込んでまで、仕事や他人に合わせてしまっていたからうつ病になってしまった部分もあるわけで。考え方によっては、休職までしちゃってるんだから、もうこれ以上は悪くならないわ、と開きなおって、楽しいことに手を伸ばしていいと私は思います。