読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女性が過労でうつ病になってから復職するまでの記録

30歳の時に過労からうつ病を発症した女が、休職・治療・復職の体験の記録を残します。うつ病で苦しんでいる働く女性の助けになれば幸いです。

復職2ヶ月目も残業禁止になりそうです。そして、復職後の病院通いが意外と大変でした…!

f:id:adhd_misoji:20151030150547p:plain

残業禁止期間を延長してもらいました。先週に産業医と面談をした時に相談し、決定しました。と言っても、最終的に決定するのは人事&上司なので、自分の意志だけでどうこうできるわけではないですが、さすがに今の状態でこれを拒否はしないでしょう。と、思いたい。

 

f:id:adhd_misoji:20151126180428j:plain

と、いうことで、うつ病からの復職でまずは、1ヶ月間残業禁止のフルタイム出勤、休みは月に11日(通常より2日だけ多い)、通院は休み内で勝手に。という状態から、引き続き次の1ヶ月も残業禁止のフルタイム出勤、休みは月に9日、通院は休み内で自由に、という生活になります。自分の仕事はシフト制で固定の休日ではないので、今のところは、3日行って1日休みみたいなペースで休みを取らせてもらってます。多分、今の体力だと5日連続の勤務は保たないと思うし、休日が2日続くのもペースを崩して逆効果になりそうです。

 

 

この、「通院は休日にご自由に」というのがですね、今、小さなストレスになっておりまして…。自分の通っている病院は、予約制ではなく、朝早くに診察券を出して、その順番で見てもらえるシステムなんですが、超人気の病院なので、受付開始のだいぶ前から列に並んでおかないと、午前の診察はまず不可能、診察開始時間の30分前だって、午後の早めの時間にできるかどうか、といった具合なのです。なので、休みの日にも診察券を出す為に、いつもより早起きが必要になります。最初の2回はそれでなんとか頑張りましたが、こうなると休みなのに疲れが全く取れない…!診察を待っている間に喫茶店でウトウトしたりはしていますが、これじゃあ体力の回復にはならないですよねぇ。

 

案の定、今週は寝過ごして診察を受けることができませんでした。これ、通院の為の半休を取れるシステムだとだいぶ違うんだけどなぁ…。休職時に、有休は全て使い切ってしまっているし、今の会社の規定にそういう休みの取り方がないので、無理だそうです。なので、今週からは、休みの日に行かずに、仕事の日の夜に見てもらえるよう、朝に診察券だけ出しに行くようにしました。いつもより朝少しだけ早く起きて病院と職場をバスで移動する必要はあるけど、それでも、ちゃんと休める休日が確保できるなら…!!今週はこれで良かったけど、仕事でぐったりした日は辛くなりそうかな…。

 

これまでは、毎日が休みだったので、病院に通うことは何の苦でもなかったのですが、仕事をしながらになると途端に大変です。以前に病院で聞いた、勝手に通うのをやめてしまう患者さんが一番困るという話、わからなくもありません。だって、仕事だけで精一杯なのに、その上病院となると、思っていた以上に大変です。そんな中で、体調もそんなに悪くないし…薬切れちゃったけど意外といけてるし…みたいな気持ちで通わなくなってしまうのかも。復職後の病院通いは、時間と体力をうまく調整していかないと、思わぬ落とし穴になりますよ…という体験でした。

 

 診察を待ちわびて…

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)