読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女性が過労でうつ病になってから復職するまでの記録

30歳の時に過労からうつ病を発症した女が、休職・治療・復職の体験の記録を残します。うつ病で苦しんでいる働く女性の助けになれば幸いです。

ライブ楽しめるまでに回復したぞー!うつ病から回復して「音楽楽しい!」って思えるまで。

うつ病中の音楽との付き合い方については、以前にもスガシカオさんの曲についてや、Youtubeのリラックス系についてで書いているのですが、今回はだいぶ回復してきた中での音楽との関係についてです。 ツイッターでは、当日中に想いを書いたのですが、先日、…

うつ病を経験したからこそわかった!怒りと不安で支配されてしまう人と、穏やかな人の違いについて

久しぶりの更新になりました。基本的には元気です。復職も6ヶ月目に入りました。もうそんなに経っていたのかと自分でも驚きです。基本的には元気で過ごしております。1週間の中で、そりゃあ多少の浮き沈みもありますが、辛い時には、ツイッターで今感じてい…

生姜紅茶で体を温めています。冷えとりはうつ病改善にも効果あり?

ただいま、生姜紅茶で身体温め中です。 きっかけは、本屋偶然読んだこの本。 温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する posted with ヨメレバ 石原 結實 WAVE出版 2004-09-01 Amazonで探す 楽天ブックスで探す 7netで探す この本…

涙が出るのは、ストレスを感じている正しい証。うつ病の大事なサインのひとつです。

年始は、仕事で泣いてしまったりしましたが、わりと体調も良く、元気に過ごせました。そういえば、うつ病になる直前も、よく些細なことで泣いていたなぁという気がします。 覚えているのが、深夜まで残業して、タクシーで家に帰る時。車窓から景色を見ながら…

うつ病の休職中は、実家に帰ることが当たり前みたいな前提、ホントやめてほしい…

復職から一ヶ月ちょっと経ちました。職場の人とも、だいぶ自然に会話できるようになってきています。大勢での飲み会や、遅い時間の食事会は避けるようにしているけど、定時上がりで、少人数で会社の近くのお店にごはんに行く機会は何度かありました。「体調…

自分が幸せかどうかは、自分だけが知っていればいいこと

「自分が幸せかどうかは、自分だけが知っていればいいこと」 この言葉がとても好きです。これは、村山由佳さんの小説「すべての雲は銀の… Silver Lining」に出てくる、シングルマザーの女性「瞳子」の言葉。他にも、 「自分を不幸にするのも、幸せにするのも…

産業医はどこまで味方?会社とうつ病患者の間を取り持つ産業医について

私が、うつ病になり休職を経て会社に復職するまでの間に、何度も連絡を取りお世話になったのが、会社の「産業医」です。学生の頃には聞いたこともない職業でしたが、常時50人以上の従業員がいる事業所では、労働者の健康管理等の為に、専門知識を持った医師…

うつ病からの回復には「波」がある。自分のステージを知って無理をしないことの重要性。

うつ病の回復の過程には、体調が良くなったり、また悪くなったりと「波」があります。これは、たいていどの本にも書かれているし、病院で先生にも言われたのですが、自分が体験して初めて「ああ、こういうことなんだなぁ」と理解できました。ちょうど、「3歩…